April 25, 2018

パチモノ玩具の世界


機甲創世記モスピーダ パチモノ玩具の世界

海外のパチモノ玩具と学研モスピーダが記念撮影?
…残念、実は全部パチモノでした。

Posted by Yacopu at 02:13 AM | Comments (0)
April 23, 2018

ビーグルモスピーダを再生する

先日Twitterのほうでアップしていた、
ビーグル製モスピーダの劣化した合皮スーツをお手軽に再生する実験。

残念なことに、ビーグルモスピーダはプラ材が黄変しやすく、
合皮スーツは遅かれ早かれ、必ず劣化してボロボロになってしまいます。



まずスーツを脱がせる必要がありますが、以前やった時のように完全に分解する必要は無く、
前腕と尻と膝関節(もしくは股関節)の分解だけで大丈夫みたいです。

腕のスーツは前腕を分解すれば簡単に着脱可能。
下半身は布をずり下げて股関節のボールジョイント部分を分解するか、
膝の布をめくり上げて膝関節のネジを回してブーツごと外すか…といったところです。
どちらも、そこそこ大変です。



合皮スーツをうまく脱がせたら、次は粘着テープなどを使って
劣化した赤い部分を完全に取り除きます。

今回はスーツを新規に用意するのではなく、この白い布地をそのまま使います。
布地自体が破れているのであれば素直に別のものを用意しましょう。

色付けは染料で染めても良いのですが、ここはあえて
「お手軽さ」にこだわって染めQ(ブリリアントレッド)を使ってみることにしました。



いろいろ手順をすっ飛ばして完成。なかなか良い色になりました。
布にも塗装できる塗料なので剥がれることはないですが、
かなり染み込ませるまで吹き付けたのでデニムみたいに固くなりました。
当然ストレッチ性も失われるので、
派手にポーズを付ければ負担のかかる部分もありそうです。



プラ材の黄変については、どうしようもないので…
リペイントするか、黄変してないジャンク品を入手して組み替えるか…。

私は何体か所持していましたが、開封していた全ての個体に黄変が見られたので、
部分的に別の個体と入れ替えて綺麗なものを1体作ることにしました。

というわけで、無事に再生完了。
今後は保管方法に注意して劣化と戦っていこうと思います。

Posted by Yacopu at 02:51 PM | Comments (3)
April 22, 2018

Mospeada 2018


千値練のRIOBOTモスピーダが発売されたので、
久しぶりにスティック用モスピーダ玩具の勢揃い写真を撮りました。



今回の千値練モスピーダは、2009年発売の
「機甲創世記モスピーダ コンプリートアートワークス」の表紙絵が元になっています。
メカデザインの荒牧伸志さんが自らアレンジして描き下ろしたものでしたが、
結構知らない人が多かったみたいですね。

そういえばボックスアートを担当しているマーシーラビットさんは、
この本の中面でもイラストを描いているので、
千値練モスピーダとは実に深い因縁がありますね。
コンプリートアートワークス、是非この機会に再販して頂きたいものです。



撮影スペースの都合上、シーエムズとメガハウスが
不遇な位置になってしまったので上からも撮っておきました。

Posted by Yacopu at 03:53 PM | Comments (0)