December 09, 2013

SDゴライオン

■Dream EX Diecast Series F-01 Goraion

海外のDream EXから発売された合金製SDゴライオンです。
発売されたのは数ヶ月前ですが、なかなか扱っているショップが無く、
探し回った結果、結局ebayで購入してしまいました。
どうやら版権的な問題で、香港あたりをメインに流通しているようです。
前に他社から出たダイラガーXVの合体玩具も同じように流通制限されてましたから、
ゴライオン(ボルトロン)の版権はいろいろと複雑なようですね。

写真はマテルの巨大ボルトロン(正規版権アイテム)との大きさ比較。
だいたいアートストームのES合金と同じようなサイズです。



2013_1209_01.jpg

2013_1209_02.jpg

パッケージは、あからさまに日本を意識したデザインになっています。
このあたり、日本生まれのキャラクターを日本テイストで表現するのがトレンドなのか、
単に日本メーカー製品ぽく見せるのが狙いなのか、ちょっと怪しいところです。
しかし…「GORAION」って書き方合ってるの? 「GOLION」で良いんじゃないのか?
裏面の日本語解説も危ういですが、ギリギリの線でセーフといったところ。




2013_1209_04.jpg

でも側面の注意書きはかなり酷い。
言いたいことはわかるんだけど。




2013_1209_03.jpg

武器、エフェクト、顔3種、ディスプレイ台のセット。
取説はオール(危うい)日本語。




2013_1209_05.jpg 2013_1209_06.jpg

2013_1209_07.jpg 2013_1209_08.jpg

頭身高めのディフォルメデザイン。とても可愛いです。
武器や頭部はプラ製、手首足首のライオン頭部分はPVC製です。
PVC部分のパーティングラインがちょっと雑ですが、
目の発光ギミックや広い可動域など、良く出来ていると思います。




2013_1209_09.jpg

2013_1209_10.jpg

問題は、このゴライオン値段が$130〜$150くらいします。
合金とは言え、この小サイズのゴライオンにそこまで出せるのか?
海外から取り寄せる手間を掛けられるのか?
あなたのゴライオン力が試されます。





…さて、正規版権のボルトロン陣営は30周年で盛り上がっているようで、
「ロボテック ボルトロン」のクロスオーバーコミックが間もなく発売されます。
■PRESS RELEASE: Robotech Returns in Crossover with Voltron!


また、トイナミ社が再度ボルトロンの版権を取得し、
以前発売していたマスターピースボルトロンの特別版が登場します。
■Voltron 30th Anniversary Collectors Set
目の発光ギミック追加や、ディスプレイ台座のセット。2014年発売予定。


さらにトイナミは、その後に大胆な製品を発売すると予告をしています。
本当に発売できたら大したものです。それこそゴライオン力が試されることになるでしょう。
でもトイナミの言うことですので、あまり本気にせず見守ることにします。
どんな予告をしているのかはトイナミ公式サイトで。

Posted by Yacopu at December 9, 2013 12:32 AM
Comments
Post a comment