July 12, 2011

Anime Expo 2011

先日の「Anime Expo 2011」で開催されたHGによるrobotech panelから
気になる事項を抜粋、4chukiai氏に翻訳していただきました。
なおHGとはハーモニーゴールド社の略称です。


■ロボテック新作アニメについて
・New Generations(モスピーダ編)の出来事を描く予定
・シャドウクロニクルへとつながるストーリー
・製作するアニメの量(動画枚数?)を増やしたので2011年冬〜2012年春の完成予定に変更された。


現在製作中である新作アニメの続報がありました。
会場では第一次地球降下作戦らしき映像が流されたようです。
コミック版「invasion」あたりの話かもしれませんね。
公開時期は未定(2013年?)。
以下はファンとの質疑応答です(順不同)。





【ご注意】マクロスの日本における権利に関する供述はあくまでもHGの見解であり日本側の見解と異なることがあります。そのあたりを理解した上で読んでください。




Q:実写映画はロボテック映画なの? それともマクロス映画なの?

A:基本的にロボテック映画になる予定でオリジナルと共通の要素もありますが、ストーリーは一度全部リセットしたロボテック世界での出来事になる予定です。




Q:英語版サザンクロスとモスピーダのリマスター版を出す予定ありますか? またシャドウクロニクルの続編はどうなってるの?

A:素材としてのサザンクロスとモスピーダのオリジナルシリーズのリマスター版は発売していませんが存在します。マクロスはADVがリマスター版を出した際に音声を全て撮り直しましたが、発売するのであればこの2作品に関しては日本語音声+字幕かロボテックの声優を使った英語版を考えています。シャドウクロニクルの続編は現在製作中で今発表出来る事はありませんが間違いなく進行しています。




Q:マクロスフロンティアの英語化と、ロボテック世界へ編入するためにクリアすべき障害って?

A:(直接フロンティアに言及せず)これはウェブで調べれば分かることですが日本ではマクロスの権利に関して2社(タツノコとビッグウエスト)で争っていて正確にはどこに権利があるか分からない。もし権利の所在がはっきりすることがあったら他のマクロスシリーズをアメリカに持ってくることも検討します。ここ数年は以前は難しかった「愛・おぼえていますか」の商品化の権利を少しずつ取得していて今後も可能であれば続けて取得したい。映像作品としての「愛・おぼえていますか」の権利はTVシリーズよりさらに複雑ですがこちらも可能であれば取得したい。




Q:何らかの奇跡が起きて、日本のマクロスシリーズの権利元が海外展開に同意すると仮定して、HGとしてはそれをアメリカで展開あるいはロボテックに組み込む意思はありますか?

A:こちらとしては良い考えだと思ってます。もちろん時系列に矛盾などが出ますが、それはガンダムのようにパラレルワールドとして扱うことでクリアできると考えてます。半分冗談ですがこの矛盾の説明はSDF-1が地球に落下した時の衝撃でいくつかのパラレルワードが形成され、その結果似て非なるマクロスとロボテックの世界が出来てそれぞれ別の物語になっていると。




Q:ロボテック ザ・アントールド・ストーリー(いわゆる劇場版)をDVDで発売する予定はありますか?

A:実は数年前たまたま北米におけるザ・アントールド・ストーリーとメガゾーン23の権利元が同じADVという時期がありまして、その時にDVDの発売を検討していましたが結論が出る前にADVが倒産して流れてしまいました。現在北米におけるメガゾーン23の権利が宙に浮いてしまいどういう状態か分かっておりません。




Q:ロボテックのメカをガンプラのようなモデルキットで発売する予定はありますか?

A:残念ながら今の北米にそういうモデルキットの市場はほとんど無く、こちらとしてはユーザーは完成品を求めていると考えているのでモデルキットは考えていません。




Q:15年ぐらい前になるがHGのロボテック玩具がEXOスクワッドシリーズとして発売されましたがなんでそうなったんですか?

A:まず1993年にプレイメイツ社はEXOスクワッドシリーズを展開しておりましたが、年末のクリスマス商戦に新作の発売が間に合わないと分かりました。そこでマッチボックス社と契約が既に終了してHGが金型を所有していた似たようなテーマのロボテック商品に注目して、繋ぎとしてライセンス契約してシリーズに組み込むことになったのです。実に残念な話になりますが、そのとき貸出した金型が香港の工場の外で保存されていたため、数年後トイナミが発見した頃には既にさびの塊と化していました。このような経緯で玩具は再販が不可になり、今では一部プレミア価格で取り引きされています。




Q:サザンクロスの玩具を発売する予定ありますか?

A:もちろんホバータンク(スパルタス)や可変ヘリ(オーロラン)を出したいが、やはり現実として数が売れないので難しいです。





以上です。記念サントラやらフィルムの保存がなんたらは省略させていただきました。
トイナミのリガードやグラージの発売が遅れている事についての話もありましたが、
はっきりしないのでこちらも省略しました。

HGがマクロスFを話題にしたことで、日本では一部のマクロスファンが過敏に反応してしまったようですが、
上にあるように権利上の問題がありますのでロボテックに組み込まれるなんてことは有り得ません。
安心してください。
予想ですが実写映画もアニメとは別物になるんじゃないですかね。

個人的に気になったのは、マッチボックスの旧ロボテック玩具の話でしょうか。
向こうでも相当マニアックな玩具ファンが居るんですね。

Posted by Yacopu at July 12, 2011 01:37 PM
Comments
Post a comment