May 30, 2009

LEY and Rand

■機甲創世記モスピーダ 1/10 VR-052T モスピーダ 【レイ】
2009年5月30日発売中 25,200円(税込)

ビーグル社よりモスピーダシリーズ第二弾となる 「レイ機」が発売されました。
このシリーズは同時にトイナミ社よりロボテックシリーズとして海外で販売され、
国内版とはパッケージや頭部の造形が異なるのが特徴となっています。

今回のレビューは軽く、頭部造形の違いに注目してみます。
「レイ」と「ランド」あなたはどちらがお好みですか?





2009_0530_01.jpg 2009_0530_02.jpg

左がビーグル版のレイ頭部、右がトイナミ版のレイ(ランド)頭部です。
造形自体が異なるのは勿論なのですが、ビーグル版は肌色成形色でのPVCに変更されています。
トイナミ版は前回同様、塗装肌です。




2009_0530_03.jpg 2009_0530_04.jpg

ビーグル版はアニメの印象が強い造形になりました。劇中よりも凛々しい感じです。
対するトイナミ版は若干リアル系方向なんでしょうか。
肌の色が浅黒いこともあり、精悍な顔つきに見えます。




2009_0530_05.jpg 2009_0530_06.jpg

ヘルメット頭部と差し替え。やはりだいぶ印象が違いますね。
バイザーを下ろしてしまえば、ほとんど見え方は一緒なんですが。

今回はどちらも造形レベルは高いので、
各自の好みで選択すれば良いかと思います。




2009_0530_07.jpg

ユーザーの声を元に改良を加えた今回のレイ機は「完全版」モスピーダと言って良いでしょう。
明らかにスティック機よりも格段にクオリティが上がっています。
モスピーダファンは是非とも買い逃しのないように!

次回のレビューではスティック機との変更点などを少々。

Posted by Yacopu at May 30, 2009 04:49 PM
Comments
Post a comment