January 18, 2009

ビーグルモスピーダ1

ビーグルモスピーダのエンジン、フレームはPOM樹脂。
このPOMは塗料はおろか接着剤も受け付けにくい特性があるので、
普通には塗装できないようだ。


それでも実験を兼ねて無理矢理塗装を試みてみます。
POMなどという変な名前のプラスチックには負けてられない。
使うのは塗膜が強いと評判の「染めQ」。
正攻法では確実に剥がれると思われるので、
塗料の食い付きをよくするため、パーツの表面をペーパーがけして荒らし、
よく洗浄してからギンギラ銀(なんて名前だ…)を吹き付けました。


ペーパーがけしたら多少ケバ立ったので、削りだし金属みたいになってしまった。
なんとなく負けた気もするけどまぁこれはこれで。
今のところ剥がれる様子は無いけど、さすがに爪で擦ったりするのはNGだと思うので、
ガシガシ変形させて遊びたいという人は、やっぱりやらない方がいいですね。

Posted by Yacopu at January 18, 2009 02:27 AM
Comments
Post a comment