December 31, 2008

Sneak Review Part 4

■ビーグル 1/10 モスピーダ スニークレビュー Part 4

上の写真のスティックは、前のレビュー記事では間に合わなかった
製品版バイザーに変更しています。
鮮やかなブルーから、かなり濃紺色になって、
見栄え的にもかなり高級感が増したような気がします。





■ビーグル 1/10 「VR-052F モスピーダ スティック機」
2009年1月発売予定(価格25,200円)

今回は予定を変更してビーグル(国内版)と、トイナミ(ロボテック版)の変更点をお伝えしていきます。



2008_1231_1.jpg 2008_1231_2.jpg

左がビーグル版のスティック頭部、右がトイナミ・ロボテック版のスティック(スコット)頭部です。
両バージョン最大の違いは、この頭部の変更点にあります。
髪の毛は明るいグリーンになり、肌もピンクの強い色になっています。




2008_1231_3.jpg 2008_1231_4.jpg

ビーグル版は若干リアル系方向なのに対して、トイナミ版は完全にアニメ顔という印象。
この頭部のみトイナミ社の独自造形です。
モチーフはおそらくTommy Yune氏のイラストなのではないかと思います。




2008_1231_5.jpg 2008_1231_6.jpg

ヘルメット頭部の顔も同じく変更されています。
バイザーの色は両バージョン共通です。念のため。
みなさんはどちらが好みですか?




2008_1231_7.jpg

ロボテック版の正式名称は「Masterpiece Cyclone Vol. 1 - Scott Bernard」です。
頭部以外の変更点としては、下記4点があります。

・専用スタンド裏にあるコピーライト表記(ビーグル版はタツノコプロのみ)

・パッケージ(Robotechおなじみのブック型)

・取扱説明書の表紙(内容は英訳のみの変更)

・シリアルナンバー(本体胸パーツ裏に印字)

高額商品が2バージョンも出てしまうことはファンとしては辛いところですが、
ロボテックの独自展開を考えればこれも仕方ない事かと思います。
今後のシリーズでも同じ様な差別化をしていくとの事ですので、
顔の好みでどちらかのバージョンを選ぶのも良いでしょう。


Part 3(ライドアーマー編)←|→Part 5(注意点と対策)

Posted by Yacopu at December 31, 2008 12:05 AM
Comments
Post a comment