March 03, 2008

最近のモスピーダ事情

新世紀合金レギオスの不良対応品です。
満足に変形させられないほど粗悪だった販売品に比べれば、
かなり品質は向上しました。
トイナミ版よりもスムーズに変形が行えるようになったので、
余計な力を入れて破損することも無さそうです。
ただ、パーツ精度や塗装品質に関してはあいかわらず悪く、
汚い筆レタッチや接着剤の曇りこそ無くなったものの、
近年の玩具の中ではレベルが低いと言わざるを得ません。


結局、アオシマが目指したレギオスは本当にこのカタチだったのでしょうか。
発売前に告知していた改良だけでは、
どう考えてもこの状態から良くなるとは思えませんし…。
待望のトレッド発売を前提にして始まったような企画でしたし、
それ自体が開発中断、このレギオスさえも絶版にされてしまっては
もはや語る意味はありません。


さて、シームズとメガハウスのライドアーマーが発売されました。
モスピーダのファンとして、この新製品ラッシュは大変喜ばしいことです。
イベントの製品展示を見て「このアムドライバーみたいなの何?」
なんて言っちゃう若者が一人でも少なくなると良いですね。

Posted by Yacopu at March 3, 2008 01:56 AM
Comments
Post a comment