December 18, 2007

青島レギオス問題3

mos_mark.jpg


先日配信された「Space Station Liberty」というロボテックのPodcastで、
Tommy Yune氏がアオシマに対しての苦言を述べています。

--------------------------------------------


アオシマはレギオスを急いで販売するためにToynamiとは違う工場を選んだ。
その結果(製品の品質で)見事に皆の期待を裏切ってしまった。

アオシマはトレッドの開発をキャンセルしたようですが、
Toynamiは予定通りにベータファイター(トレッド)を発売します。
価格と発売日はまだ未定です。


--------------------------------------------

原因として最近の中国事情を挙げることは容易いですが、
やはり問題はアオシマの玩具会社としての体制にあるような気がします。
このイメージダウンと競合他社からの出遅れがあっては、
もはや新世紀合金トレッドは絶望視するしかないのでしょうか。
非常に残念でなりません。


【情報提供thanks!】Roger氏、Matt氏

Posted by Yacopu at December 18, 2007 12:07 PM | TrackBack
Comments

エポック社に続いてまた、トレッド(更にはロボテック版)発売の可能性がこれで暗雲に乗り上げました。

シーエムズや、メガハウスは会社システムと版権管理上「モスピ」としてのレギオス&トレッドしか発売しないでしょうから、マイア機の塗装は結局トイナミ輸入か、自力で(ブラック・レギオスんに改造の上)リペイントしかないのでしょうね。

up.gif Posted by: 優衣 on December 18, 2007 09:34 PM

マイア専用機は設定こそダークレギオスですけど、
見た目はゼータなので普通にリペイントでいけますよ。
銃は別途用意しなくちゃいけませんが。

up.gif Posted by: Yaco on December 18, 2007 10:01 PM
Post a comment