February 15, 2007

シャドウクロニクル考察

2007_0214_0.jpg

■Robotech: The Shadow Chronicles 前半ダイジェスト

長い長い制作期間を経て、やっと発売された新作ロボテック。
前半部分のあらすじをネタバレしない程度に抜粋してみました。
モスピーダファンから見るシャドウクロニクルを考えます。



2007_0214_1.jpg

1.プロローグ

マーカス・ラッシュの姉、マリーンは地球奪還作戦に参加するため、
恋人のスコット・バーナードと共に、一足先に火星を旅立っていった。
スコットは任務が無事終わったらマリーンと結婚したいと言っていたが、
作戦は人々の望む結果にはならなかった…。

マリーン「元気でねマーカス。」
スコット「次に会うときは地球の上だ。」




2007_0214_2.jpg

2.月面基地ALUCE

インビッドとの戦いは最終局面に入り、
マーカスとアレックスの所属するウルフ中隊も、月面基地ALUCEに招集された。
全艦隊に「シャドウ・デバイス」(インビッドセンサーの無力化や、
シンクロキャノン等に使用されているシステム)が施され、
さらには地球の半分を壊滅させてしまうであろう「Neutron-Sミサイル」さえも
最終手段として用意されていた。
目標はインビッドの中心拠点、レフレックスポイント。

全ては地球をインビッドから取り戻す為に。




2007_0214_7.jpg

3.暗躍する「シャドウ」

その様子を監視する第3の勢力があった。
?「人間は艦隊を集結させている…最終攻撃はもうすぐだ…」
?「素晴らしい…全ては予想通り…」




2007_0214_4.jpg

3.提督不在の最終作戦

「Neutron-Sミサイル」の実地試験を行っていた、
リック・ハンター提督の乗るSDF-3が消息を絶った。
ラインハルト将軍はビンス・グラントに「ハンター救出作戦」を命じ、
同時にレフレックスポイントへの攻撃を開始した。

「シャドウ・デバイス」により開始直後は有利と思われた戦況も、
無限のごとく出現するインビッドの前に、艦隊は次第に追いつめられていった。
レフレックスポイントに突入した地上部隊とも連絡が途絶え、絶望的な状況に。
下にいる部隊と連絡が取れれば…誰でもいい応答を!

「こちら火星部隊21、スコット・バーナード少佐。命令をどうぞ…」




2007_0214_3.jpg

4.リック・ハンター救出作戦

ビンス・グラントがイカルス艦でワープアウトした先には
巨大なブラックホールが出現していた。
その付近で沈黙したSDF-3とデカリオン艦を発見する。

リック「Neutron-Sミサイルは我々の艦さえも破壊する強力な物だった。それを艦隊に伝えてくれ!」

「どんなことがあっても地球でNeutron-Sミサイルを使ってはならない!」
艦隊に連絡を取ろうとした瞬間、正体不明の艦が出現し…。




2007_0214_5.jpg

5.闇と光

インビッドの戦力は圧倒的だった。
テイラー隊長が戦死した後も、マーカスは必死の抵抗を続けていた。
レフレックスポイントへの攻撃が失敗した今、
ラインハルト将軍はNeutron-Sミサイルを地球に向けて発射する。

その頃レフレックスポイント内では、インビッドの人間態であるエリアルが
インビットマザー・リージスを説得している最中だった。

リージス「誤った決断をしたようですね…私はあの武器を以前に見たことがある。」
「おそらく人間は、その破壊力を理解できないでしょう。」

「我々インビッドはシャドウの末裔に勝利を与えない」
リージスはエリアルに別れを告げると、光輝く鳥の姿になって飛び立ちNeutron-Sミサイルを消滅させた。
「我が子らよ、この世界を捨て私と共に旅立とう。光(ライト)の精神が導くその先へ…」


2007_0214_6.jpg

マーカス「インビッドが…逃げる?! ちくしょう、そんな簡単に逃げやがって!」
家族や仲間を奪われたマーカスにとって、この結末は耐え難いものだった。

地球を離れ、新たな地へ旅立ったインビッドの真意とは?




-------------------------------------------------------------------

ここまでがモスピーダで言うところの最終話付近のエピソードです。
全編88分中ちょうど30分くらいになります。
物語の視点が地球外にいるマーカスになっている点や、
第三勢力の陰謀など、ロボテック独自の展開があるために
モスピーダの新作アニメを見ているという印象はあまりありません。
レイやイエロー達も登場しませんので、ファンとしては残念なところです。

劇中、リック・ハンター(一条輝)が唐突に消息不明になりますが、
この経緯はコミック Robotech Prelude to the Shadow Chronicles で語られています。
ストーリーをより深く知りたい方はこちらをどうぞ。


モスピーダで消化不良だったストーリーを、
他作品の設定と絡めることで実に上手くまとめています。
ロボテックをかじっていない人にすれば、どの程度楽しめるか謎ですが、
少なくとも私は予想以上に楽しめました。
主人公のマーカスをはじめ、個性的なキャラクター達はどれも魅力的で、
特にマイア・スターリング(マックスとミリアの娘で、サザンクロスのジャンヌの妹にあたる)は
日本でもそこそこ人気が出そうなキャラクターです。

アニメーション技術的には総じて並。
2D部分は作画、動画ともにTVアニメーションレベルで、
クオリティにもかなりムラがあるように見えます。
背景、メカ等の3Dアニメーションは動きが硬く、
リアルさも中途半端で見慣れないとかなり違和感があります。

しかしながら画質が抜群に良く、音楽もかなりの高レベル。
うまく欠点を補っていると思いますが、
逆にお金のかけ方を間違ってるのではという気がします。
このあたりに日本の作品が起源でありながら、
アニメで実績のある日本に頼り切れないロボテックの不幸があります。

本国でも多くの人が日本の原題オリジナル作品があることを認知している中で、
今後ハーモニーゴールド社が「ロボテック」をどのように伸ばしていくのか、
モスピーダファンとしても興味は尽きません。

Posted by Yacopu at February 15, 2007 01:08 AM | TrackBack
Comments

観ましたよ、クロニクル・・・マイアを観て、ガンダムシードの「ルナマリア」を思い出しました。
役回り的にもそんな感じです。

まだまだ固い部分も見えますが、音楽と3作品の融合はうまくいってますね。

up.gif Posted by: 優衣 on February 15, 2007 11:10 PM

ロボテックのメインテーマ曲は昔から嫌いだったのですが、
今回のオーケストラを聞いてサントラ買ってしまった(´・ω・`)

up.gif Posted by: Yaco on February 18, 2007 01:17 AM

http://www.mco.ne.jp/~yui1107/Robotech_The_Shadow_Chronicles.html

シャダウ・クロニクル小事典(単項目)作成済みです。調べ物の参考に・・・
ストーリー部分は一部ヤコさんとこの記載をひな型として骨格に使ってますが了承くださいね。

up.gif Posted by: ユイ on March 11, 2007 10:32 AM

ご苦労様です。
ただここまで引用して頂けるなら、引用元として(小さく)挙げて頂けると助かります。
ウチが引用したみたいになってしまいますので。

常々思っていたのですが、
Arielの読み方はディズニーの影響もあってアリエルと読んでしまいがちですが、
劇中ではエリアルと発音されてますよね。
そのあたりを決めてしまって良いのでは。

あとジャニスについても
今作アニメだけ見た人は単なる敵側のキャラにしか見えないようで、
コミックの方や、センチネルでの生い立ち等を
ユイさんの知識で添えて頂けると解りやすくなると思います。

up.gif Posted by: Yaco on March 11, 2007 11:07 AM

以下の内容を追加しました。また、イカヅチ級の解説をクリンナップしました。
Arielの発音は本編では確かにエリアルですね。
一応日本語の英語標準変換読みにしたがってます。

ストーリー部分の基本構造は「ヤコログ」http://wildcats.pupui.jp/ さんのブログの下記の記事を参考に
一部引用しました。

up.gif Posted by: ユイ on March 11, 2007 12:27 PM

ありがとうございます。
完成したら、このブログやmixiロボテックコミュでも紹介させてくださいね。
がんばってください。

up.gif Posted by: Yaco on March 11, 2007 01:26 PM

現状のままでも実質完成ですので、リンク紹介はいつでもどうぞ。画像はHG社の問題から極力置かない方針です。

ジャニスの項目にネタバレギリギリでが以下の内容を追加しました

>本作のみを観た国内の視聴者からは単なる悪役にしか見えないという評価もあるが、機械化生命体としてこれまでの各種ロボテック・オリジナルメディアを観てきた本国のファンからみれば、Dr. Langによって産み出され、常に人間の間に疎外感を持って生きてきた彼女が、第3勢力であるShadow、すなわちHAydon 検箆農院砲僚嗣韻任△覽ヽ生命体に親近感を覚える理由も理解出来、深みのあるキャラクターになっている。

up.gif Posted by: ユイ on March 11, 2007 01:34 PM
Post a comment